FC2ブログ
2010.06.06 *Sun*

電気工事士【9】

* 未分類 *
とりあえずまだやろうかな

つっづきー
★電気工事業法
目的:電気工事業者の登録と業務の規制を行い、業務の適正な実施により、一般用電気工作物及び自家用電気工作物の保安を確保する。
登録電気工事業者
 ・全ての電気工事
 ・都道府県知事への登録(営業所が2以上の場合は経済産業大臣)
 ・5年ごとに登録を更新
 ・営業所ごとに主任電気工事士(3年以上の実務経験を持つ
  第二種電気工事士又は、第一種電気工事士)をおく
通知電気工事業者
 ・自家用電気工作物の工事のみ
 ・都道府県知事に開業10日前までに通知(営業所が
  2箇所以上の場合は経済産業大臣)

※変更・廃止:30日以内に、登録した都道府県知事。


★電気工事業者の義務
・主任電気工事士の設置:第一種電気工事士又は、二種電気工事士として
            3年以上実務経験者を、営業所ごとに置く
・測定器具の備付:営業所ごとに、絶縁抵抗計回路計接地抵抗計を備
         える
・標識の掲示:営業所及び電気工事の施設場所ごとに標識を掲げる
・帳簿の備付:営業所ごとに帳簿を備え、必要事項を記載し5年間保存す
       る。
・業務の登録、変更:1・・・5年ごとに更新の登録
          2・・・変更,廃止は30日以内に登録した都道府県知事

帳簿記載事項 ・注文者の氏名・名称・住所
 ・電気工事の種類と施設場所
 ・施工年月日
 ・主任電気工事士、作業者の氏名
 ・配線図
 ・検査結果

標識
 ・氏名又は名称
 ・営業所の名称
 ・登録年月日
 ・登録番号
 ・主任電気工事士の氏名


★一般用電気工作物とは
600V以下の電圧で受電(低圧受電)し、受電の場所と同一の構内で使用するための電気工作物(同一の構内で、連携して設置する小出力発電設備を含む)。
ただし、次のものは自家用電気工作物となる。
・小出力電気設備以外の発電設備があるもの
・火薬類を製造する事業所
・甲種炭鉱及び乙種炭鉱の一部

※小出力発電設備とは
はつでんでんあつが600V以下のもので、出力が次のもの。
・太陽電発電設備:20kW未満
・風力発電設備:20kW未満
・内燃力発電設備:10kW未満
・水力発電設備:10kW未満
・燃料電池発電設備:10kW未満
(ただし、出力の合計が20kW以上となるものを除く)


★電気工作物の検査
一般で気工作物が設置されたり変更工事が完成した時に行われる「竣工検査」4年に1度定期的に行われる「定期検査」とがある。
・竣工検査:竣工検査は、一般用電気工作物が新設され、又は変更の工事が
      完成した時、電気設備技術基準に適合しているかを使用開始前
      に検査することである。
・定期検査:保守上で技術基準に適合しているかを4年に一回以上定期的に
      行う検査である。
・検査項目と測定器
 ①設備の点検:目視点検
 ②絶縁抵抗測定:絶縁抵抗計(メガー)
 ③接地抵抗測定:接地抵抗計(アーステスタ)
 ④導通試験:回路系・マグネットベル・電圧計・電流計・計器用変成器

 ⑤電動機等の機器に対する試験;組試験器・絶縁抵抗計・回転計
 ⑥通電試験:電圧計・電流計・回路計

ピンク文字は竣工検査の手順をあらわす。
スポンサーサイト




COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



FC2カウンター



プロフィール

亭主

お名前:亭主
生き返る。

ぐでー

skypeやってます
名前は「文々。亭亭主」です。



Twitter...A

亭主 < > Reload



最新記事



最新コメント



カテゴリ

雑記☆ (159)
未分類 (22)



月別アーカイブ



相互リンク

ポチっとおして展開してやってください^^



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



Copyright © 文々。亭新聞社 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・