FC2ブログ
2010.05.17 *Mon*

電気工事士【2】

* 未分類 *
長いので続きを読むからで
さぁ昨日の続きを書きますか・・・
昨日は
<1>電線相互を接続する作業
<2>がいしに電線を取り付ける作業
<3>電線を直接造営材その他の物件(がいしを除く)に取り付ける作業
<4>電線管、線ぴ、ダクトその他これらに類するものに電線を収める作業
<5>配線器具を造営材その他の物件に固定し、またはこれに電線を接続する作業(露出型点滅器または露出型コンセントを取り替える作業を除く)
<6>電線管を曲げ、もしくはねじ切りし、又は電線管相互もしくは電線管とボックスその他の付属品とを接続する作業
<7>ボックスを造営材その他の物件に取り付ける作業
<8>電線、電線管、線ぴ、ダクトその他これらに類するものが造営材を貫通する部分に防護装置を取り付ける作業
<9>金属製の電線、電線管、線ぴ、ダクト、その他これらに類するもの、またはこれらの付属品を建造物のメタルラス張り、ワイヤラス張り、または金属板張りの部分に取り付ける作業
<10>配電盤を造営材に取り付ける作業
<11>接地線を一般電気工作物に取り付け、接地線相互もしくは接地線と接地極とを接続し、又は接地極を地面に埋設する作業

の<3>まで勉強しました
今日は<4>からいきますか。

<4>電線管・線ぴ・ダクトその他これらに類するものに電線を収める作業。
えっと・・・電線はそのままの状態で放置しては駄目で何かに収めておかないといけません。例えばコンクリートの中を電線を通したいからといって直接埋め込むわけにもいきません(埋め込めるものもあります)。ですから電線管等の管に電線を収めてその管をコンクリートの中に埋め込めば電線はコンクリートの中を通せます。これらの工事はそれぞれに決められた数値や工事方法があります。

<5>配線器具を造営材その他の物件に固定し、またはこれに電線を接続する作業(露出型点滅器または露出型コンセントを取り替える作業を除く)
配線器具、簡単に言うとコンセントですね。それを造営材、つまり家の壁等に固定する作業とそれに電線をつなぐ作業です。コンセントを見てみると大抵2つ穴が開いていて普通に接続するタイプが多く見られます。ですがコンセントにはそれだけでなくいろいろな種類があります。例えば普通に部屋で見かける2つ縦長の穴が開いているコンセントは100Vの電圧を供給しています。ですが100Vでは動かせないような大きな器具が必要な場所では200Vのコンセントが設置されています(私はミニストップの電子レンジのところで見ました)。他にも簡単に抜けないようにするための抜け止め型や、接地(アース)極・端子の付いたコンセントなどもあります。これらのコンセントを必要な場所に取り付ける作業をするためにはそのコンセントがどんなものなのか、どの線を接続すればいいのかが分かってないといけません。

<6>の電線管を曲げ、もしくはねじ切りし、又は電線管相互もしくは電線管とボックスその他の付属品とを接続する作業
電線管を曲げるのには必要の器具が必要になり、曲げる際には断面が著しく変形しないように曲げ、その内側の半径は、管内径の6倍以上とする。ただし、電線管の太さが25mm以下のもので建造物の構造上やむを得ない場合は、管の内断面が著しく変形せず、管にひびわれが生じない程度まで小さくすることができる。
電線管相互・ボックス接続にはそれぞれに必要な器具が多く存在する。また電線管の管端には絶縁や防水などが必要になってくる。

<7>ボックスを造営材その他の物件に取り付ける作業
正直資格がなくてもできる気がするんですが・・・。器具が電気工事専門のものだからでしょうか?

<8>電線、電線管、線ぴ、ダクトその他これらに類するものが造営材を貫通する部分に防護装置を取り付ける作業
電線・電線管等を配線するとき、どうしても壁を貫通させて向こう側に線を送りたい、というときがある。そういう場合には防護装置が必要となってくる。

<9>金属製の電線、電線管、線ぴ、ダクト、その他これらに類するもの、またはこれらの付属品を建造物のメタルラス張り、ワイヤラス張り、または金属板張りの部分に取り付ける作業
メタルラス・金属板と、字のごとく金属製品です。そのため電気がそちらのほうに流れてしまいます。そうなると漏電となります、またメタルラスが加熱し大変危険な状態になります。そのためそれらがある場合は電気的に接触しないようにすること、つまり絶縁物等を間にはさむ作業をしなくてはいけません。

<10>分電盤を造営材に取り付ける作業
まずは画像を見てみましょう

BlockingFilter.jpg

見たことありませんか?
分電盤といっても、一般の方にはあまり聞きなじみのない人もいるかもしれませんが、ブレーカーといえば多くの方が分かるかも知れません。最近では少なくなっていますが、古いアパートなどでは、エアコンと電子レンジを同時に使ったり、ホットプレートと電磁調理器を同時に使ったりすると、分電盤の容量を超えて電流が流れ、分電盤の安全ブレーカーが作動して電気が遮断されることがあります。

いわゆる「ブレーカーが上がった」という状態ですね。「ヒューズが飛んだ」という人もいますが、今は分電盤にヒューズを使っているところはまずないでしょう。ちなみにヒューズというのは、一定の容量を超える電流が流れると、その部分が焼き切れることで電流を遮断するしくみの部品です。ブレーカーのようにレバーを上げるだけで復帰できるわけでなく、ヒューズを新しいものに交換しないと復帰できません。


<11>接地線を一般電気工作物に取り付け、接地線相互もしくは接地線と接地極とを接続し、又は接地極を地面に埋設する作業
接地線・・・みなさんPCの電源コードのプラグを見てみましょう。なにか先が金属むき出しの線がありませんか?これが接地線といわれるものです。一番分かりやすいものといえば洗濯機です。洗濯機は水を使用する電気器具ですが感電しませんよね?なぜかというとこの接地線のおかげだからです。この接地線から電気を大地へと送ることで感電するのを防いでくれます。接地線の工事にはA~Dなど種類がありそれぞれ接地抵抗地が違ってきます。


これら・・・が第二種電気工事士の従事できる仕事です。知識足らずで書いたのでいささか間違ったこともあるかもしれませんが;;

それにしても疲れた・・・。よく書き上げたものですよね、こんなに;;


次の勉学新聞は工事内容について書きたいと思います。
スポンサーサイト




COMMENT

No title
家がそういう家だからか、結構見たことのある語句が...
PCが自作だからっていうのもあるかも。

言われてみればアースはそのまま放っておいているっていう。
ん?これ持ってなきゃ配線できないのか?

200Vのコンセント...
エアコンぐらいしか思いつかないですねえ。
2010/05/17(月) 01:31:46 | URL | 風兎 #mvcB0rpk [Edit
No title
PCのアースは特に接地してなくても大して気にならないようですよ(ぁ

自宅の配線に関してはある程度までは別に資格なくてもできるんじゃないですかね?ただ、他人の家だったりとかすると資格必要だとか何とか。
2010/05/17(月) 01:43:05 | URL | 文々。亭亭主 #- [Edit
No title
文系の私には、知らない用語ばかりでサッパリでした(笑)
でも、ためになる内容でした。

リンク張らせてもらいました。
どうぞよろしくお願いします~
2010/05/17(月) 15:44:43 | URL | 雪月 #- [Edit
なんか似てる
ども。電気工事士の試験に落ちた者ですw
なんか自宅の分電盤に似てたもんでつい。

しかし筆記のところで落ちて当時はメチャクチャ凹みました。
終了間際に突然不安にかられ、急遽書き直し。何故か試験官が部屋を出ていたので、
友人には書換前のをカン○ングさせ、自分だけ落っこちる('A`)

もう新たに資格取る元気も無いです。そこら辺の仕事は従事者におんぶにだっこ。
流石に電気室の3,000VAの施設は専門家に任せてますが・・・
2010/05/18(火) 21:00:18 | URL | Trickster #W0MUQqf6 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



FC2カウンター



プロフィール

亭主

お名前:亭主
生き返る。

ぐでー

skypeやってます
名前は「文々。亭亭主」です。



Twitter...A

亭主 < > Reload



最新記事



最新コメント



カテゴリ

雑記☆ (159)
未分類 (22)



月別アーカイブ



相互リンク

ポチっとおして展開してやってください^^



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



Copyright © 文々。亭新聞社 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・